スピード部概要

トップページ スピード部概要

有力メンバー紹介

吉永 一貴

【プロフィール】
名古屋経済大学市邨高等学校

小学生の頃から出場している全日本ノービス選手権では向かうところ敵なし!

第38回全日本選手権大会 史上最年少16歳5ヵ月で総合優勝。

若干18歳で500メートル 1000メートル 1500メートルの日本記録を持ち、

まだまだこれからも成長を続ける彼からは目が離せない!

【大会出場経歴】
2017 世界ジュニアショートトラック選手権大会 総合3位,リレー4位
2017 第8回アジア冬季競技大会 1500m7位,リレー3位
2017/2018 ワールドカップショートトラック(SLC)1500m 7位
2017 全日本ショートトラック選手権大会 総合2位
2016 全日本ショートトラック距離別選手権大会 1000m3位,1500m3位
2016 世界ショートトラック選手権大会 出場
2016 ユースオリンピック冬季競技大会 500m 銀メダル, 1000m 6位,NOC混合リレー 銅メダル
2016 世界ジュニアショートトラック選手権大会 総合9位, 1500m 5位, リレー4位
2015/2016 ワールドカップショートトラック(モントリオール)1000m 5位
2016 全日本ショートトラック選手権大会 総合優勝
2015 世界ジュニアショートトラック選手権大会 総合9位, 1500m 3位
2014 全日本ショートトラック選手権大会 総合3位, 500m 2位, 1000m 4位
2014 全日本ジュニアショートトラック選手権大会 総合2位
2014 全日本ショートトラック距離別選手権大会 1500m 優勝
2013-2014 全日本ノービス&ジュニアカップ ノービスA年間総合優勝
2014 全日本選抜ショートトラック選手権大会 総合3位
2013 西日本ショートトラック選手権大会 総合5位
2013 全日本ショートトラック距離別選手権大会 500m① 8位
2012 全日本ショートトラック選手権大会 総合11位
2012-2013 全日本ノービス&ジュニアカップ ノービスA年間総合優勝
2011-2012 全日本ノービス&ジュニアカップ ノービスB 年間総合優勝
(第1戦 総合優勝, 第2戦 総合優勝)

平井 亜実

【プロフィール】
スケートを始めたきっかけ:
一宮市のスケートリンクにて、小学生スケート教室をやっていた時に教室の先生に勧誘され、楽しくて始めた。

競技歴:
10年

スケートの魅力:
ショートトラックスピードスケートは4~6人と一緒に滑る競技なので、勝った時の喜びは他の競技に比べてとても大きいです!競い合うのが好きだったり、負けず嫌いな子はとてもこの競技にあっていると思います!

一言:
スケートを滑るのが好きな子、もっとスピードを出してカッコよくすべりたい子、一度ショートトラックスピードスケートをやってみませんか? 私も最初はスピードスケートの選手を見てカッコイイと思ったことがきっかけでした!

【大会出場経歴】
第39回日本学生ショートトラックスピードスケート選手権大会 
1000M 優勝 1500M 優勝

第28回ユニバーシアード冬季競技大会 
ショートトラックスピードスケート日本代表選考会
500M 3位 1000M 2位 1500M 2位

JOCジュニアオリンピックカップ大会 
第36回全日本ジュニアショートトラックスピードスケート選手権大会
500M 優勝 1000M 優勝 1500M 優勝 総合優勝

第3回ジャパントロフィーショートトラックスピードスケート選手権大会
1000M 2位 総合5位

過去のオリンピック選手メッセージ

1975(昭和50)年7月25日生まれ 獅子座のA型。
小学校3年生からアイスホッケーを始め、4年生の時にスピードスケートの靴を初めて履いてそのスピード感に惹かれショートトラックに転向。

中京大学社会学部を卒業後1年間体育学部での研究生を経てトヨタ自動車に入社。
愛知県豊田市の豊田地域生まれ。後に足助地域へ。
4歳年下の妻。


【大会出場経歴】
1993年 世界選手権(中国・北京)
5000mリレー出場

第17回全日本選手権総合優勝(初)

1994年 リレハンメルオリンピック(ノルウェー、1回目)
1000m第4位
500m準決勝3位
5000mリレー5位 

世界選手権(イギリス)
個人総合10位5000mリレー優勝

1995年 世界選手権(ノルウェー)
5000mリレー出場1996年

第19回全日本選手権
総合優勝(2度目)

世界選手権(オランダ・ハーグ)
500m準決勝敗退
1500m準決勝敗退
個人総合第10位

ワールドランキング大会
第1戦 個人総合優勝
第3戦 個人総合優勝
第4戦 個人総合2位
第6戦 個人総合優勝

1997年 第20回全日本選手権
総合優勝(3度目) 

冬季ユニバーシアード(韓国)
500m優勝1000m第2位
3000m第2位 

世界選手権(長野)
500m第3位
3000m第2位
個人総合第3位

ワールドランキング大会 
第1戦 1000m優勝 
第4戦 1000m優勝 個人総合第2位

1998年 冬季長野オリンピック(日本、2回目)
500m準決勝敗退
1000m第9位
5000mリレー5位

第21回全日本選手権
総合第2位 

世界選手権(オーストリア)
1000m第2位
1500m第4位
3000m第4位
個人総合第4位 

ワールドカップ 
第1戦 1500m優勝 3000m第2位 個人総合第3位 
第2戦 1000m第2位 個人総合第4位 
第3戦 500m第3位 1000m第2位 個人総合第3位 
第4戦 500m第3位 1000m第2位 1500m第2位 3000m第2位  個人総合第2位

1999年 第22回全日本選手権総合優勝(4度目)

世界選手権(ブルガリア)
1000m優勝
1500m第2位
3000m第2位
個人総合第2位

ワールドカップ
第2戦 1000m第2位 1500m第2位 3000m第2位  個人総合第2位 
第3戦 500m優勝 1000m優勝 1500m優勝  3000m第3位  個人総合優勝(日本人初)

2000年 第23回全日本選手権
完全優勝(5度目)

全日本スプリント
完全優勝(3度目) 

世界選手権(イギリス)
500m第3位
1500m第3位
個人総合第5位

2001年 第24回全日本選手権
総合優勝(6度目)

世界選手権(韓国)
1500m第2位
3000m第4位
個人総合第6位

ワールドカップ
第2戦 1000m第4位
第3戦 500m第2位 1500m第4位 3000m第3位 個人総合第4位

2002年 冬季ソルトレークオリンピック(米国、3回目)
500m第5位(A決勝)
1000m準決勝失格
1500m準決勝失格
5000mリレー第5位(B決勝)

第25回全日本選手権総合優勝(7度目、4年連続)
全日本種目別選手権500m優勝
1000m優勝(総合順位は付かない大会)

ワールドカップ
第3戦 500m第2位(41.724秒の日本記録樹立) 3000m第4位  個人総合第3位

モリコロパーク
アイススケート場

アイスショーでも利用される大きなアイススケート場です。
基本的に毎週火曜日・木曜日・土曜日の20:30~22:00まで貸切でショートトラックの練習を実施しています。
真夏も練習しています!

愛・地球博記念公園(モリコロパーク) 〒480-1342 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1

■お車でお越しの場合
東名高速道路・日進JCTから、名古屋瀬戸道路に分岐「長久手IC」東へ約5分
または東名高速道路「名古屋IC」から東へ約20分

■公共交通機関でお越しの場合
【電車】東部丘陵線(リニモ)〜『愛・地球博記念公園駅』下車すぐ
【バス】名鉄バス『愛・地球博記念公園駅』下車すぐ